濱明朝

濱明朝は、横浜の港を往来するフェリーや水平線をイメージしたほっそりとした横画に対し、海上から望む建築群などの「港のまち並み」を表現したどっしりとした縦画の太さを持たせ、縦画と横画の対比を際立たせた明朝体です。

  • A キャプション
  • A テキスト
  • A ヘッドライン
  • A ディスプレイ
  • 濱明朝キャプション

    EL

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝キャプション

    L

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝キャプション

    R

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝キャプション

    M

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝キャプション

    B

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝キャプション

    H

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝テキスト

    EL

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝テキスト

    L

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝テキスト

    R

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝テキスト

    M

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝テキスト

    B

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝テキスト

    H

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ヘッドライン

    EL

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ヘッドライン

    L

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ヘッドライン

    R

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ヘッドライン

    M

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ヘッドライン

    B

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ヘッドライン

    H

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ディスプレイ

    EL

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ディスプレイ

    L

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ディスプレイ

    R

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ディスプレイ

    M

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ディスプレイ

    B

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

  • 濱明朝ディスプレイ

    H

    購入する

    Yokohamaのまち並みから生まれた、濱明朝 4つの太さのバリエーションで横浜の懐の深さを表現した明朝体 横画はフェリーを、縦画は海上から望む建築群を、欧文は風にはためく旗を表現しました。

製品について

概要

濱明朝は、横浜という都市のスケールや特徴を取り入れ、縦画と横画の対比を際立たせた明朝体で、都市フォントプロジェクトのひとつとして開発しました。都市フォントは、都市が独自に持っている個性をフォントのデザインに取り入れ、様々な媒体を横断しながら一貫性を持って使うことで、都市のアイデンティティ形成への貢献を図るプロジェクトです。フィールドワークを通じて得られた横浜のイメージや、開港150 周年を機に行われた、市民参加のブランディング事業で出された2000 件以上の言葉を参考に、「おしゃれな街」、「歴史とともにある港」、「伝統と新しいものとの共存」といったキーワードを抽出しました。これらのキーワードを元にした24 フォントのファミリー展開は、そのまま横浜の懐の広さに繋がっています。

開港以来、新しい風が港を通してまちに運ばれ、横浜の地と交じり合って育まれてきた風土を、現代まで続く横浜のアイデンティティのひとつと捉え、かつて船乗りが目印としたキング、クイーン、ジャックの横浜三塔をはじめ、大さん橋、赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど、海上から見る「港のまち並み」をデザインに取り入れました。

コンセプト

濱明朝は、港を往来するフェリーや水平線をイメージしたほっそりとした横画に対し、海上から望む建築群を表現したどっしりとした縦画の太さを持たせた明朝体です。縦画と横画の対比を際立たせるという特長をより強く押し出したファミリー展開で、都市の幅の広さや、新しいものを取り入れるといった横浜の懐の深さを表しています。見出しやタイトル、本文や注釈などの幅広い用途での使用を想定して、一貫性を保ちながら太さのバリエーションを持たせています。風にはためく旗や錨のイメージという港らしさを演出した欧文は、漢字との調和を考慮したモダンローマン体を採用しています。

特徴

山下公園に係留されている氷川丸のラインを参考に、横画のアウトラインを起こしました。また、縦画は対岸から眺めたみなとみらいエリアの建築群を参考にしています。ほっそりとした横画に対し、どっしりとした太さを持たせています。

ファミリー

濱明朝は、横浜という都市の幅の広さや新しいものを取り入れるといった懐の深さを表現した明朝体で、4つの太さのバリエーションを持っています。タイトルや見出しなどの使用を想定したヘッドラインとディスプレイ、本文や注釈などでの使用に適したテキストとキャプションは、デザインの一貫性を保ちながら、それぞれ6ウエイトのファミリー展開となっています。

仕様

主な仕様 OpenTypeフォント
クロスプラットフォーム
アウトライン抽出可
PDFエンベッド可
詰め情報あり
解像度制限なし
ダイナミック・ダウンロード
動作環境 Mac
Mac OS X、macOS

Windows
Windows 7、8、8.1、10 (いずれも日本語版)
文字セット スタンダート版(StdN)
9,498文字(Adobe-Japan1-3に準拠)
対応言語 *下記の30言語をほぼフルにカバーしています。
日本語(メイン言語)、英語、アイスランド語、アイルランド語(新正書法)、アフリカーンス語、アルバニア語、イタリア語、インドネシア語、エストニア語、オック語、オランダ語、オロモ語、ガリシア語、スウェーデン語、スコットランド・ゲール語、スペイン語、スワヒリ語、デンマーク語、ドイツ語、ノルウェー語ブークモールおよびニーノシュク、フィンランド語、フェロー語、フランス語、ブラジル・ポルトガル語、ブルトン語、ポルトガル語ラテン語(基本的なマクロンなしの古典正書法)、ルクセンブルク語、レト・ロマンス語、ワロン語

注1: Std版のオランダ語はIJ(U+0132)とij(U+0133)を分割表記した場合の書法のみ、ポルトガル語ラテン語は基本的なマクロンなしの古典正書法です。
注2:日本語スタンダード版は、Adobe-Japan1-3に含まれるプロポーショナル欧文の定義がISO8859-1全文字およびŠ、š、Ź、ź、Œ、œ、Ÿを含むことから対応言語として多種の言語を使用可能になっています。これらの欧文字種の半角異体字についてはAdobe-Japan1-3の領域にすべては含まれておらず、半角欧文のフル対応言語は英語のみになります。