TP国立公園明朝

TP国立公園明朝は、自然豊かで広大な敷地を有する国立公園のサインシステムとして使用されることを想定して開発した、現代的な骨格を持ったスラブセリフフォントです。和文部にはTP明朝のローコントラストを採用し、欧文を新たに開発しました。

  • A ローコントラスト
  • TP国立公園明朝ローコントラスト

    L

    購入する

    National Parks of Japanのために開発した書体 読みやすく、遠くからでも認識しやすいスラブセリフフォント 日本全国の国立公園の豊かな個性と調和する、オーソドックスでゆったりとした印象。

  • TP国立公園明朝ローコントラスト

    R

    購入する

    National Parks of Japanのために開発した書体 読みやすく、遠くからでも認識しやすいスラブセリフフォント 日本全国の国立公園の豊かな個性と調和する、オーソドックスでゆったりとした印象。

製品について

概要

TP国立公園明朝は、環境省により2016年にスタートした「国立公園満喫プロジェクト」の一環として開発が始まりました。より強力に国立公園のブランディングを推進するため、国立公園統一マークとともに、国立公園の標識整備やパンフレット等に使用されるフォントを統一することを目的としています。

「日本の国立公園らしい品格や風合いを持ちつつ、看板等に使用した際の視認性を確保する」という、環境省からの要望を元に提供したTP国立公園明朝は、現代的な骨格を持ったスラブセリフフォントです。スラブセリフフォントとは、セリフ部分が直線的で、縦横のストロークとセリフの太さの差が小さい書体です。TP国立公園明朝の和文部にはTP明朝のローコントラストを採用し、欧文を新たに開発しました。

TP国立公園明朝は、一般的なセリフ書体に比べて横画が太いため、遠くからの視認性にも優れサインシステムに最適です。また、横画が消えにくいという特徴は、パンフレットや名刺などの小さなサイズで使用した際にも効果を発揮します。欧文と和文との調和を重要視しており、ウエイトやコントラストの調節の際に、欧文をほんのわずかに太くすることで、混植の際のフラットな印象を生み出しています。

欧文フォントに関しては、国立公園統一マークや標識整備、パンフレット等、国立公園のブランディングを担当した日本デザインセンターのアートディレクター色部義昭氏と、タイププロジェクトが協議を重ねて開発しました。

  • ©️Nippon Design Center,Inc.

コンセプト

TP国立公園明朝は、自然豊かで広大な敷地を有する国立公園のサインシステムとして使用されることを想定して開発を開始しました。訪れる人々の手助けをするにはどうしたらいいのか。私たちの答えは、読みやすいと同時に遠くからでも認識しやすいということでした。日本全国にある国立公園は、個性的で自然豊かな表情を持っています。その表情を引き立てながらも、それぞれの個性を邪魔しないようなオーソドックスでゆったりとした印象を持つこと、それがTP国立公園明朝のコンセプトです。

このコンセプトを実現するために行った対応のひとつとして、セリフとステムのつなぎの処理があります。TP明朝の欧文フォントのセリフ部分のつなぎの処理がカーブを伴っているのに対して、TP国立公園明朝の欧文フォントは、直線でより簡素化しました。

特徴

この専用フォントの開発では、政府全体として推進する「明日の日本を支える観光ビジョン」の取り組みの中で、日本の国立公園を「世界水準のナショナルパーク」としてブランド化するために、訪日外国人にとっても違和感のない欧文フォントを開発する必要がありました。そのため、TP明朝の欧文フォントでは、手書きの流れるような印象を採用しているのに対し、TP国立公園明朝は直線の要素が多くより現代的な印象に仕上げています。

TP明朝は、コントラスト(横画と縦画の太さの比率)という概念を導入した初めての日本語フォントです。TP国立公園明朝で採用したローコントラストは、ゴシック体を思わせる線率を持ち、一般的な明朝体と比べて、横画が太くタフで力強いという特徴があります。TP国立公園明朝のために新規開発した欧文フォントも、同様に横画を太く設計していますので、白黒反転させて使用する際にも違和感がありません。

混植の際に和文フォントとの調和がとれるように欧文フォントを設計しています。特に数字と和文フォントを合わせて使用する場面は多いため、配慮して制作しています。

仕様

主な仕様 OpenTypeフォント
クロスプラットフォーム
アウトライン抽出可
PDFエンベッド可
詰め情報あり
解像度制限なし
ダイナミック・ダウンロード
動作環境 Mac
Mac OS X、macOS

Windows
Windows 7、8、8.1、10 (いずれも日本語版)
文字セット スタンダート版(StdN)
9,504文字(Adobe-Japan1-3に準拠、StdNの文字セットにff、ffi、fflを追加)

TP国立公園明朝は、TP明朝のローコントラストをベースに、プロポーショナル欧文をオリジナルデザインの欧文に置き換えたものです。
「①⒉⑶❹⒜」などの囲み文字またはドット付き文字を含む全角欧文や等幅半角字形はTP明朝のデザインとなります。
対応言語 *下記の30言語をほぼフルにカバーしています。
日本語(メイン言語)、英語、アイスランド語、アイルランド語(新正書法)、アフリカーンス語、アルバニア語、イタリア語、インドネシア語、エストニア語、オック語、オランダ語、オロモ語、ガリシア語、スウェーデン語、スコットランド・ゲール語、スペイン語、スワヒリ語、デンマーク語、ドイツ語、ノルウェー語ブークモールおよびニーノシュク、フィンランド語、フェロー語、フランス語、ブラジル・ポルトガル語、ブルトン語、ポルトガル語ラテン語(基本的なマクロンなしの古典正書法)、ルクセンブルク語、レト・ロマンス語、ワロン語

注1: Std版のオランダ語はIJ(U+0132)とij(U+0133)を分割表記した場合の書法のみ、ポルトガル語ラテン語は基本的なマクロンなしの古典正書法です。
注2:日本語スタンダード版は、Adobe-Japan1-3に含まれるプロポーショナル欧文の定義がISO8859-1全文字およびŠ、š、Ź、ź、Œ、œ、Ÿを含むことから対応言語として多種の言語を使用可能になっています。これらの欧文字種の半角異体字についてはAdobe-Japan1-3の領域にすべては含まれておらず、半角欧文のフル対応言語は英語のみになります。