スクリーン時代のクリアなフォント

TPスカイは、サンセリフ体に「抑揚」の軸を導入し、スクリーンで効果を発揮するよう設計されたフォントファミリーです。文字情報の主要なステージが移行しつつある今、画面表示に最適化されたフォントの必要性が高まっています。TPスカイは、クリアな文字デザインによってフォントデータの軽量化をはかるとともに、視認性と表示適性を高めました。

コンセプト

澄み渡った広大な空。それが、TPスカイのコンセプトです。アウトラインの滑らかさに重点を置き、純度の高いデザインを追求しました。そのシンプルさは、社会の指向性にフィットすると同時に、アンカーポイントの最小化をはかることで、描画速度における優位性を実現しています。TPスカイは、美しさと俊敏さを備え、プレーンなサンセリフでありながら多彩な表情を見せるフォントです。

第三の書体

情報媒体の主流が紙からスクリーンに変わり、日常目にする書体の中心は、明朝体からゴシック体に変わりました。TPスカイは、このような潮流を背景として、これからの時代のニーズに応えるために、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として構想・開発しました。サンセリフのストロークに抑揚を与えることで、単線では表現できない楷書的な筆勢を書体のエッセンスとして取り入れています。

TP明朝との比較

ウエイトとコントラスト

TPスカイのファミリーは、文字情報をあつかう上で重要な5つのウエイト (エクストラライト、ライト、レギュラー、ミディアム、ボールド) と、判読性の向上に有用な3つのコントラスト (ハイ、ミドル、ロー) を備え、表示サイズや解像度に最適なフォントを選択することができます。TPスカイの各フォントを使い分けることで、本文と見出し、タイトルとキャプションの関係を表現し、明朝体とゴシック体を用いることなく、画面の統一感を高いレベルで実現することが可能です。

TPスカイ ハイコントラストは、明朝体のニュアンスを感じさせながらも、より簡潔で透明感のあるフォントです。すっきりとした明るい表情は、スクリーン上で映えるだけでなく、写真や動画を背景にして、文字を白ぬきで使ったときに効果を発揮します。文字を大きく扱いたいときや、清新なイメージでメッセージを伝えたいときには、エクストラライトとライトがおすすめです。広告表現などで鮮烈な印象を与えたいときや、場の空気を一新したいときにも重宝します。

ミドルコントラストは、可読性の高さとともに、勢いを感じさせるストロークの抑揚が画面に精彩を与えます。抑揚を付けたサンセリフ体がロゴデザインで多用されていることから、カタカナと欧文のデザインには特に注力しました。字粒の大きさと字並びを高い精度で整えていますので、そのまま商品ロゴや会社のロゴにお使いいただけます。中庸でありながら文字の魅力をたたえているTPスカイのミドルコントラストは、3つのコントラストのなかでもっとも汎用性の高いフォントです。

ローコントラストは、文字の黒みを揃えることで読字の安定性を高め、フラットでプレーンなUIに最適なフォントです。AXIS Fontの特徴を受け継ぎながら、よりシンプルさを求め、かつ視認性を重視する方向で、すべての漢字・仮名・欧文を一からデザインしています。なかでもカタカナと欧文は、丸みをおびたTPスカイ独自の個性をもっています。ユニバーサルデザイン的な観点からも、スタンダードな位置付けにあるのがローコントラストであり、なかでもライトとレギュラーは、ごく小さなサイズで使用したときにも高い可読性を維持します。明朝的な役割で見出しにハイコントラストを使い、ゴシック的な役割で本文・キャプションにローコントラストを使うなど、スクリーン時代の新しいコンビネーションをお試しください。

TPスカイ ハイコントラスト

    • EL エクストラライト

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • L ライト

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • R レギュラー

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • M ミディアム

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • B ボールド

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。



TPスカイ ミドルコントラスト

    • EL エクストラライト

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • L ライト

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • R レギュラー

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • M ミディアム

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • B ボールド

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。



TPスカイ ローコントラスト

    • EL エクストラライト

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • L ライト

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • R レギュラー

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • M ミディアム

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

    • B ボールド

      スクリーン時代のクリアなフォント、TPスカイ アウトラインの滑らかさに重点を置いた純度の高いデザイン TPスカイは、明朝体ともゴシック体とも異なる「第三の書体」として開発しました。

フォントテスターで、お好きな文章を入力してお試しください。
*フォントテスターでご使用いただける漢字は、教育漢字の範囲となります。詳しくはPDFでご確認ください。

TPスカイ ハイコントラスト

サイズ
行間
背景色 文字色
Type Projectは、新しい時代を反映した水や光のようなフォントを開発しています。


TPスカイ ミドルコントラスト

サイズ
行間
背景色 文字色
Type Projectは、新しい時代を反映した水や光のようなフォントを開発しています。


TPスカイ ローコントラスト

サイズ
行間
背景色 文字色
Type Projectは、新しい時代を反映した水や光のようなフォントを開発しています。
主な仕様 OpenTypeフォント
クロスプラットフォーム
アウトライン抽出可
PDFエンベッド可
詰め情報あり
解像度制限なし
ダイナミック・ダウンロード
動作環境 Macintosh
Mac OS X、macOS Sierra 10.12

Windows
Windows 7、8、8.1、10 (いずれも日本語版)
文字セット スタンダート版(StdN)
9,498文字( Adobe-Japan1-3に準拠し、JIS第一・第二水準漢字とEuro記号を包含)
対応言語 *下記の30言語をほぼフルにカバーしています。
日本語(メイン言語)、英語、アイスランド語、アイルランド語(新正書法)、アフリカーンス語、アルバニア語、イタリア語、インドネシア語、エストニア語、オック語、オランダ語、オロモ語、ガリシア語、スウェーデン語、スコットランド・ゲール語、スペイン語、スワヒリ語、デンマーク語、ドイツ語、ノルウェー語ブークモールおよびニーノシュク、フィンランド語、フェロー語、フランス語、ブラジル・ポルトガル語、ブルトン語、ポルトガル語ラテン語(基本的なマクロンなしの古典正書法)、ルクセンブルク語、レト・ロマンス語、ワロン語

注1: Std版のオランダ語はIJ(U+0132)とij(U+0133)を分割表記した場合の書法のみ、ポルトガル語ラテン語は基本的なマクロンなしの古典正書法です。
注2:日本語スタンダード版は、Adobe-Japan1-3に含まれるプロポーショナル欧文の定義がISO8859-1全文字およびŠ、š、Ź、ź、Œ、œ、Ÿを含むことから対応言語として多種の言語を使用可能になっています。これらの欧文字種の半角異体字についてはAdobe-Japan1-3の領域にすべては含まれておらず、半角欧文のフル対応言語は英語のみになります。