都市フォントプロジェクト 名古屋

金シャチフォントとは

金シャチフォントは、2009 年にタイププロジェクトが立ち上げた都市フォントプロジェクトのひとつとして、名古屋をイメージするフォントをつくり、地元で育て世界へ発信しようという試みです。開府400年を記念して2010年に開発が始まった「金シャチ明朝」と「金シャチ黒字」では、名古屋文化の象徴を採り入れました。起筆に金鯱の反りを、終筆部分に名古屋城の破風と屋根の反りを反映させました。

起筆に金シャチ

金シャチ明朝の起筆は、シャチホコの反りを取り入れた装飾的なかたちをしています。「金」の六画目から七画目に向かう脈絡は、通常の明朝体とはあきらかに異なっています。こうした遊び心が金シャチ明朝の特徴です。

ウロコに名古屋城

明朝体の横画終筆部に見られる三角形を「ウロコ」と呼びます。通常、明朝体の多くはこの三角形を直線で構成していますが、金シャチ明朝の終筆は名古屋城の破風と屋根の先端の反りを反映したかたちにしています。

合字

名古屋弁に特徴的な語尾の組み合わせを合字にしました。平安時代から江戸時代にかけて日常的に使われていた連綿体の今様尾張スタイルです。すこし濃い目の表現は、名古屋メシの味にも通じます。

筆法に丸八

名古屋で古くから親しまれている市章、丸八マーク。その歴史と文化に敬意を表し、丸八の筆法を応用して文字を描きました。円満と商売繁盛に掛けた縁起の文字、そして祭りに似合う活気の文字です。

名古屋弁かるた

名古屋弁かるたは、金シャチ明朝と金シャチ黒字が初めて使用された製品です。絵面と字面の相乗効果で、名古屋弁らしさを存分に表現しました。

一覧に戻る