【インタビュー】朝日新聞社東京本社

朝日新聞社メディアビジネス局は、コンテンツや取材力を活かしながら広告特集を制作し、トーン&マナーを管轄しています。1 ヶ月に60 件以上となる広告特集は、テキストハウス社を始めとしたブレーンとなる制作会社とともに制作しています。ゼスプリ社の広告では、従来のフォントにはない新しさと、キウイの親しみやすさやフレッシュさを表現し、商品とよく馴染みながら読みやすいフォントとしてTP明朝が選ばれました。朝日新聞社東京本社 メディアビジネス局のアートディレクターである末松 学史氏と、テキストハウス社のチーフグラフィックデザイナー宮本 一歩氏にお話をお聞きしました。

http://typeproject.com/interviews/asahishinbunsha

「Drop&Type 2.0 」Mac版、Windows版を同時発売

タイププロジェクトは、フォントデザインの確認ツールである「Drop&Type 2.0」の発売を発表いたしました。
「Drop&Type 2.0」では、欧文プロポーショナル字幅に対応していますので、文字幅の狭い文字に加え、文字幅の広い文字の生成も可能です。また、同時に複数ファイルのドロップが可能ですので、スタンダードの範囲で、一度に3,000字までの生成を実現しています。従来のMac版に加えて、Windows版のDrop&Type 1.0と2.0も同時に発売いたします。
プレスリリース全文
Drop&Typeの詳細はこちら

【インタビュー】ディアンドデパートメント株式会社

デザイナーのナガオカケンメイ氏によって創設された、「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体であるD&DEPARTMENT PROJECT(ディアンドデパートメントプロジェクト)は、池内オーガニック社のリブランディングにAXIS Font コンデンスを採用しました。また、渋谷ヒカリエが主催する物産展でもAXIS Font コンデンスを使っています。取締役副社長の松添みつこ氏とデザイナーの中川静香氏にお話をお聞きしました。
http://typeproject.com/interviews/dandd

「Drop&Type」を武蔵野美術大学が導入

タイププロジェクト株式会社は、試作フォント生成ツールである「Drop&Type (ドロップ アンド タイプ)」が、武蔵野美術大学に導入されたことを発表いたしました。「Drop&Type」は、デザイナーや学生などがフォント化において技術的な困難さを感じることなく、オリジナルデザインの試作フォントの生成を実現します。武蔵野美術大学では、2016年4月に共有コンピュータールームにある32台のMacにDrop&Typeを導入しました。来年度には、さらに64台への導入を予定しています。
プレスリリース全文
Drop&Typeの詳細はこちら

横浜のまちから生まれる都市フォント「濱明朝」のクラウドファンディングが目標額を達成

タイププロジェクト株式会社は、都市フォントプ ロジェクトのひとつとして、横浜をイメージして2009年から開発している「濱明朝」のクラウドファンディングが目標額を達成したことを発表しま した。
プレスリリース全文
濱明朝体の詳細はこちら

試作フォント生成ソフトウェア「Drop&Type」の発売を開始

タイププロジェクトは、フォントデザインの確認ツールである「Drop&Type 」の発売を発表いたしました。「Drop&Type」は、デザイナーや学生などがフォント化において技術的に困難さを感じることく、オリジナルデザインの 試作フォントを容易に生成することで、デザインの確認ができるようにすることを目的としています。Adobe Illustratorで作成した文字のアウトラインデータを専用のシートに入れ、ドロップするだけでOpenTypeフォントフォーマットの試作フォン トを生成します。一度に生成できる文字数は280字までで、生成時間は約30秒です。これにより、デザイナーが、クライアントのために専用文字を 数十文字だけ制作する、または特定のプロジェクトのためにオリジナルフォントを制作する場合などに、制作中の文字デザインの使用感を試作フォント として確認することが可能になります。
プレスリリース全文
Drop&Typeの詳細はこちら

横浜をイメージした都市フォント「濱明朝」のクラウドファンディングを発表

タイププロジェクト株式会社は、都市フォントプロジェクトのひとつとして、横浜をイメージして2009年から開発している「濱明朝」のクラウド ファンディングを発表しました。濱明朝は、キャプション、テキスト、ヘッドライン、ディスプレイの4つのカテゴリーでそれぞれ6ウエイト、計24 フォントのファミリーです。 港を往来するフェリーや水平線をイメージした ほっそりとした横画に対し、海上から望む建築群を表現したどっしりとした縦画の太さを持たせた明朝体です。縦画と横画の対比を際立たせるという特 長をより強く押し出したファミリー展開で、都市の幅の広さや、新しいものを取り入れるといった横浜の懐の深さを表しています。 クラウドファンディングでご支援いただいたお客様は、目標額達成時にミニセット版 (1,555文字)、製品発売時にフルセット版 (9,498文字) をダウンロードいただけます。
プレスリリース全文
濱明朝体の詳細はこちら