[インタビュー] アートディレクター 八木 保氏

日本では20年ぶりとなる八木氏の書籍『THE GRAPHIC EYE of Tamotsu Yagi — 八木保の選択眼』では、サンセリフの本文テキストは和文・欧文ともすべてAXIS Fontが 使われています。カリフォルニア州ベニスをベースに世界的に活躍するアートディレクターの八木保氏に、AXIS Fontを選択した理由とその活用についておうかがいしました。
http://typeproject.com/interviews/tamotsuyagi

アジャスタブルフォントデモ公開

タイププロジェクトは、コーポレートフォントの新たなアプローチとして提案するアジャスタブルフォントのデモを公開しました。アジャスタブルフォントは、状況や要望に応じてウエイトや字幅を微細に調整し、より適切なフォントの選択を可能にします。第一弾として、他言語で指定されているコーポレートフォントのウエイトに合わせて最適化したAXIS Fontの個別提供を開始します。
http://typeproject.com/projects/adjustable

デザインのひきだし連載企画「もじ部」に参加

タイププロジェクトは、3月9日開催のデザインのひきだし誌の連載企画「もじ部」で講師として都市フォントプロジェクトについてお話します。都市フォントプロジェクトのコンセプトや、名古屋のために開発中の「金シャチフォント」の開発背景や制作過程など、文字への新しいアプローチによる日本語フォントの活性化についてお話しする予定です。

【インタビュー】カンペール

AXIS Fontは、カンペール社の日本語コーポレートフォントとして使用されています。欧文コーポレートフォントであるUniversとの相性がよく全く違和感がないこと、ブランドメッセージを伝えるためにどれだけカンペールらしくなるかという視点で選ばれたAXIS Fontについて、オフィスマネージャーの岡野直子氏にお話をお聞きしました。
http://typeproject.com/interviews/camper

【インタビュー】スクウェア・エニックス

2013年にリリース予定の最新作「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(新生FFXIV)」のコミュニケーションツールとしてAXIS Fontが採用されることになりました。インターネットを通じて不特定多のユーザーがオンライン上でコミュニケーションを交わすマッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲームである新生FFXIVを統括するプロデューサー/ディレクターの吉田直樹氏と、UI専任の皆川裕史氏にAXIS Fontを採用した背景についてお聞きしました。
http://typeproject.com/interviews/square-enix