【インタビュー】ポーラ美術館

タイププロジェクトは、ポーラデザイン研究所が所内でデザインしたポーラ美術館のロゴをブラッシュアップしてほしいという依頼を受け、ポーラ美術館のロゴタイプと、専用サイン書体を制作しました。加えて、こだわりのある建物に合う凜とした上質な文字、という要望を受け案内表示用の専用書体を制作しました。制作当時の様子を、美術館サイン計画を担当したポーラ美術館副館長の碓井健司氏にお話をおうかがいしました。
http://typeproject.com/interviews/polamuseum

ウェブサイトをリニューアル

タイププロジェクトは、今まで以上に充実した内容でウェブサイトをリニューアルいたしました。フォントページでは第一弾としてAXIS Font BasicとAXIS Latinのタイプテスターを公開しています。新しく追加したインタビューページでは、お客様の声を掲載しています。また、プロジェクトページでは、さまざまなプロジェクトの詳細を記載しています。ウェブサイトのコンテンツは今後も順次アップデートいたします。
フォント: http://typeproject.com/fonts/
インタビュー:http://typeproject.com/interviews/
プロジェクト:http://typeproject.com/projects/

アジャスタブルフォントを発表

タイププロジェクトは、ATypI Hong Kong 2012においてアジャスタブルフォントを発表しました。アジャスタブルフォントは、「市販されているフォントに使いたいウエイトがみつからない。他言語で指定されているコーポレートフォントのウエイトにぴったりの日本語フォントがない。横画が飛んでしまう。」など、ユーザーや企業のさまざまな要望への最適解を提供します。

ATypI Hong Kong 2012に参加

「墨 [mò] between black and white」をテーマに、アジアで初めて開催されるATypI Hong Kong 2012に参加します。タイププロジェクトは、開催2日目の10月11日(木)に「Adjustable Font」と題したプレゼンテーションを行います。http://www.atypi.org/hong-kong-2012

試用版ダウンロードの一時停止につきまして

タイププロジェクトでは、皆様にさらに充実した内容をお届けするためにウェブサイトのリニューアルを予定いたしております。リニューアルに向けて、8月1日より試用版ダウンロードを一時的に停止させていただきます。ダウンロードの再開はウェブサイト、またはメールにてお知らせいたします。