午前中に金シャチ姫カタカナの原字デッサンをおこなう。午後から買い物がてらオフィスに寄って原字をスキャン。ついでにアウトラインを取って出力したものを持ち帰る。昼は親子丼、夜はビビンバ。

協業的な案件について先方と意見交換をおこなう。実現したらけっこう面白いことになるはず。金シャチ姫カタカナ制作。おそろしく形がまとまらず悩む。

販売プランの検討。強みの上に戦略を立て、他社との違いを際立たせる。おのずとそうなるといえるような、タイププロジェクトにとって自然なモデルを探る。

金シャチ姫の細字カタカナ制作。手本が少ないだけにひらがなより手こずりそうだ。夕方から神保町へ。『文字と書の消息』&『書のひみつ』のトークイベント「文字百景 世界は文字で満ちている!」

金シャチ姫かなの半濁点と拗促音を作り足し、Drop&Typeでフォント化。Mediumウエイトあたりが使い勝手良さそう。

違和感の消えなかった金シャチ濁点の別バージョンを5種類作成。どれがいいか社内で聞いて回ったところ、同一案の2種に票が集中した。やはりというかその二つは、私の違和感が消えたバージョンだった。

最近放映していた『ツバキ文具店』ときのう観た『her』の主人公の職業がいずれも代筆屋だった。東の文字に対して西の声と、言語の入力方法が対照をなしていたのは当然としても、意思疎通の手段で意表を衝いた『メッセージ』といい、文字や音声の本質が問われるような物語が増えているのは偶然ではなさそうだ。

古筆風片仮名のデッサン。片仮名は硬いものという固定観念が邪魔して違和感がすごい。昼に天ぷらそば。

朝ブラジル、昼キリマンジャロ。おやつは青柳総本家のひとくちういろう。金シャチ姫かなの制作を終日。

フォント製品の提供方法について朝から一人ブレスト。名案を得る。昼は今年最初の冷やし担々麺。金シャチ姫かなの太いウエイトをつくる。